2009年08月28日

広蔵市場の屋台で朝食を

朝食はお粥がいいかな、ということで市場へ。

東大門や南大門は定番すぎるってわけで広蔵市場に行くことにしました。


DSCF2341.JPG


8時頃到着しましたが、まだこれから本格的に動いて行くという状況でした。

でも、屋台は結構オープンしてました。

さがし求めていたようなお粥は見つからず、おいしそうと思ったお店にとりあえず飛び込んでみました。


ここで食べたお粥っぽい食べ物がこれ。


DSCF2347.JPG


左側が小豆、右側がかぼちゃベースです。

小豆のほうはいまいちでしたが、かぼちゃのほうは結構いけました。


これに麺類とチヂミを頼んで、お会計。

でも、全部で4万ウォンといわれて、


「ボラレタ?」


と思いましたが、、、


伝票をもらいましたが、間違いないみたいです。


昨夜の焼き肉が安かったというのもあって、ひとりせいぜい2000ウォンもいらないだろうと思っていたのです。

朝食って、日本でも安く食べられるでしょ?
モーニングタイムだから。


でも、後でよくよく調べてみたら屋台系のお店でも安いわけじゃなく、割高のお店もあるらしいことが分かりました。


4万ウォンだから、ひとり6500ウォン。

500円ってことですけど、昨日の焼き肉の感覚するとやっぱり高いんですよ。


なんか、消化不良になったので、すぐそばにある屋台にも入ってみました。


DSCF2352.JPG


スンデと呼ばれるソーセージの5倍くらいの太さのある腸詰や、チャプチェからトッポギ、巻き寿司なんかも注文しました。


DSCF2353.JPG

DSCF2354.JPG


でも、さっきのお店に比べると安く感じました。

それでもだいたいのメニューが3000ウォンから5000ウォンというところ。


結局、ハシゴしちゃったのでトッポギも大量に残りました。


でも、やさしいオモニはビニールに包んでくれました。

写真でも少し分かるかと思うんですが、お皿自体にビニール袋にくるまっていてその上に料理が置いてあります。

このビニール袋を裏返して料理を包み込めば、そのまま簡単に持ち帰れるようになってるみたいです。


現地の人も持ち帰ることが多いのかもしれません。



この後は、カロリーを消費させるために、胡桃まんじゅうの売っているお店まで歩くことに。

約2駅分くらいの距離がありましたが、のんびり散策しながら歩きました。



わーい(嬉しい顔)われわれが利用したのはHISのソウル激安ツアーでした
右斜め下こちらでチェックしてみてください左斜め下








posted by ソウルフル at 18:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。